24年度 3学期

 24年度 1学期はこちら   24年度 2学期はこちら 
    
*下にスクロールして活動の様子をご覧ください。

3月21・22日  修了式・修了式を行いました。
    3月 5日  「年長児との「お別れ会」を行いました。
    1月28日  不審者対応・交通安全教室に参加しました。    
    1月25日  尾の内の氷柱を見学してきました。        
    1月23日  三田川小学校の5年生と交流しました。
 1月11・18日  地域の方たちと交流して食育活動をしました。    

3月21日 修了式    3月22日 終了式を行いました。

3月21日修了式  今年はいつになく早咲きの桜がたくさん咲き、修了式に花を添えてくれました。8人の年長児が立派な態度で修了証書を手にし、3年間の幼稚園生活の思い出と小学校入学への期待を胸に、この幼稚園から巣立っていきました。
3月22日終了式  年少児と年中児が終了式に参加しました。先生や友だちとたくさん遊んで大きくなりました。 「今度は、僕達・私達が頑張るぞ!」と進級への喜びがいっぱいで、新しく入園してくる友達を心待ちにしています。
 
                 【年長児 3月21日 修了式後の1枚】   【年中児 うさぎ組】        【年少児 ひよこ組】


3月5日 「ありがとう」がいっぱいの 年長児との「お別れ会」になりました。

 今まで幼稚園で年下の子どもたちの面倒を見たり、一緒に遊んでくれた、優しくてかっこいい8人の年長さんに感謝の気持ちをこめて、年中児が中心になって「お別れ会を行いました。年少児からは、「朝のお支度のやり方を教えてくれてありがとう。」「はじめは泣いていたけれど、優しくしてくれたので幼稚園が大好きになりました。」などの言葉が。 そして年中児からは、「一緒にドッジボールをして楽しかったです。」「走るのが速くてかっこよかったです。」「こまのひもの巻き方を教えてくれてありがとう。ぼくも上手にまわせるようになりました。」など。嬉しかったことや感謝の気持ちを年長児に伝えました。
  
出し物は、年少児と年中児の歌と踊り ・ 保護者全員によるうた「思い出のアルバム」「上を向いて歩こう」 ・ PTA役員による人形劇「3匹のやぎのがらがらどん」 ・ 年長児保護者による創作劇「こぶとりじいさんのその後」・ 職員のパティシエールによる「年長さんが喜ぶおいしいケーキ」で盛りだくさんでした。
プログラムの最後に子どもたちがプレゼント交換をし、年長児の一人一人から、今までの幼稚園生活を振り返って感謝の気持ちが発表されました。年長児の保護者の方は、わが子の「ありがとう。」の言葉と共に発表された素直な気持ちを聞いて涙、涙。 心温まる、思い出に残る「お別れ会」になりました。
    

1月28日 不審者対応・交通安全教室に参加しました。

 熊谷にお住まいのボランティアグループの会の方に、寸劇を交えて子どもたちに分かり易くお話をしていただきました。知らない人に声をかけられたときは大きな声で「助けて」と叫ぶことや道路の横断について、実際に子どもたち一人一人が行い、安全の意識を高めました。
   


1月25日 寒い〜。冷たい!尾の内の氷柱を見学してきました。

 今年は、昨年度よりも更に氷柱の範囲が拡大し、見事な氷柱に「わあ、きれい。」と大感動の子どもたち。天然の冷凍庫の中にいる寒さでしたが、吊橋を渡って向こう岸に行ったり、氷柱に触れることができる所ではお土産にしようと氷柱をポキポキ折って袋に入れたりして氷柱見学を楽しみました。氷柱見学は、冬ならではの自然に触れる良い機会となっていますが、地元を知る意味でも良い体験となっています。
   

地元の人たちがご馳走してくださった甘酒で体の芯まで温まりました。久月の氷柱もきれいでした。
   


1月23日 三田川小学校の5年生と交流しました。

 今回の交流は、一緒に遊ぶことと小学校の給食を食べる体験がねらいです。室内でも楽しめるミニゲームを2つ楽しんだ後、5年生に面倒を見てもらいながら一緒に給食を食べました。パンに個包装されたジャムをつけたり、ハンバーグにケチャップをかけたりすることは初めての子どもたち。5年生が丁寧に教えてくれました。4月に入学したときには、最高学年となってお世話をしてくれるお兄さんやお姉さんに触れ、小学校生活への安心と期待を大きくすることができました。



1月11日・18日 地域の方たちと交流して食育活動をしました。

 3学期が始まって3週間が経過しようとしています。寒い中ですが子どもたちは、冬ならではの遊びを楽しんでいます。14日に降った雪で雪すべりをしたり、寒いところを探して氷作りをして遊んでいます。また、年長児は小学校の1年生の授業参観をさていただき入学への期待を高めています。今回は、元気な子どもたちが地域の方の協力を得て行った食育関係の活動をお知らせします。
1月11日 親子餅つき会   今年も、三田川地区の老人クラブの方との交流を盛り込んだ餅つき会を計画しました。
  今ではすっかり珍しくなってしまった臼と杵で餅をつき、黄粉、黒ごま、大根おろしの3つの味の餅を食べました。
    

1月17日 うどん・饅頭つくり  三田川地区で活動されている「つくしの会」の方々に教えていただきながら饅頭とうどん作りをしました。饅頭はとても生地が軟らかくて子どもたちにとっては扱いが難しいものでしたが、手をとってもらって一緒に作り、おいしいお饅頭ができました。うどんも、粉をこねる・足で踏む・麺棒でのばす、大きな麺切り包丁で切るなどの多くの作業に参加し、おいしいうどんが出来上がりました。